読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Getting a Good Grasp of F# (仮)

関数型言語F#をもっと楽しみたい

UnitTesting

F#のコードをユニットテストで検証する その6 (NUnit)

NUnit を使って例外送出のテストをしてみます。以下に示すコードでは DivideByZeroException が確実にスローされることを確認するテストを実行しています。 例外送出のユニットテストの例 module UnitTestingSamples2 open NUnit.Framework open System [<Test>] l</test>…

F#のコードをユニットテストで検証する その5 (NUnit)

Visual Studio 2013 から NUnit を使ってF# コードのユニットテストを行ってみます。(F# のプロジェクトはコンソールアプリケーションのプロジェクトとして作成) プロジェクトへ必要な Nuget パッケージをインストールします。(記事作成時の NUnit のバー…

F#のコードをユニットテストで検証する その4(xUnit)

前回の xUnit.net を利用したユニットテストの続きです。前回とは違うやり方で、ひとつのテスト関数に複数のテストデータを渡す方法を試します。 サンプルコード その1 module Sample3 open Xunit let SampleData01 : seq<obj array> = seq [ [| ""; 0 |] [| "ab"; 2 |]</obj>…

F#のコードをユニットテストで検証する その3(xUnit)

前回と同じく Visual Studio 2013 のテストエクスプローラーから xUnit.net を使ったユニットテストを行います。今回は1つのテスト関数に複数のテストデータを渡す方法を試します。 xUnit.net を使ったコードの例 module Sample2 open Xunit let fibonacci (…

F#のコードをユニットテストで検証する その2(xUnit)

.codesnippet { border-style: solid; border-width: 1px; margin-top: 1em; margin-bottom: 2em; font-family: Consolas; font-size: 10pt; color: black; background: #fffbf0; line-height: 1.3em; } --> xUnit.net を利用してVisual Studio 2013のテスト…

F#のコードをユニットテストで検証する その1

デフォルトのVisual Studio 2013の環境で、F#のコードのユニットテストを実行してみます。以下は普通のコンソールアプリケーションのプロジェクトに含まれているコードです。Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting名前空間を使うので、予め Microsof…